今から物販ビジネスに挑戦してみたい方にお勧めなサイト

>

多くの人が現状に悩んでいる実情

岩松勇人さんのビジネスヒストリー

今回スポットを浴びた「岩松勇人」さんを知らない方も多いので、簡単にご紹介します。
岩松さんは、不動産会社に勤める、ごく普通のサラリーマンでした。
しかし、その会社と言うのが、労働基準法も何もないような、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社で、深夜0時以降も働くのが当たり前のような生活だったそうです。
営業成績で優劣がつき、岩松さんもトップになったこともあるそうですが、成績不振になると会社の対応は一変…そのことがストレスで、退社しました。
その後は、ネットビジネスで生計を立てようと奮起するも、なかなかうまくいかず、収入もサラリーマン時代の半額以下に。
そんな中、ある人物との出会いをきっかけに、ビジネスが軌道に乗り、年商2億円以上を稼げるようになり、現在では、自身の経験を綴った漫画を出版し、実体験を含めたビジネスセミナーなども行うようになりました。

実際、物販ビジネスセミナーで話した稼ぎ方

岩松さんが、実際にやってみたネットビジネスについて紹介していきたいと思います。
こちらはセミナーでご自身もお話しされていましたが、岩松さん自身もネットビジネスを始めた当初は、なかなか厳しい状況だったようです。
それは、物販ビジネスは、安く仕入れ高く売りたいものの、消費者はできるだけ安く買いたいのが心情であり、特に売れやすい商品は、同じように物販ビジネスをする人たちの中では注目されやすいことから、ライバルも多く、値下げ戦略も大変で利益が思うように上がらなかったことが理由のようです。
そこで岩松さんは、ヤフオク、Amazon、ネットショッピングの3つを組み合わせた戦略に出ます。
上記3つは、取り扱う商品も客層も、それぞれに異なることがわかり、売れやすい商品に関しても、ヤフオクはアンティーク物、Amazonは新品等特徴が違う点に注目し、リサーチした商品を得意なところに登録すると利益が上がったようです。


この記事をシェアする